製品概要
このページでは、技術的特徴や対応プラットフォーム、ライセンスについてご紹介いたします。

What is FEKO!?

電磁界解析用の統合ソフトウェア:FEKOには,広範な電磁波問題を扱えるよう,最新の計算電磁気学(CEM:Computational EM)の技術が用いられています。

FEKOは複数の解析手法を備えており,それらの中のふさわしいものを利用することで,様々な産業分野の広範な問題に対応することができます。その代表的なものとして、例えば、次のような解析を行うことができます。
  • アンテナ:ホーンアンテナ,マクロストリップアンテナ,線状アンテナ,反射鏡アンテナ,コンフォーマルアンテナ,広帯域アンテナ,アレーアンテナ等の解析
  • アンテナ設置状態の検討:船舶,航空機,装甲車等の大規模な構造体にアンテナを搭載した状況での放射パターン、電磁界規制レベルに関する解析
  • EMC:筺体の電磁遮蔽効果や自動車における配線等の複雑な環境におけるケーブル間の結合、電磁放射の危険性に関する解析等
  • 生体電磁効果:均質/非均質な生体モデルの解析や、SAR評価
  • 高周波部品:フィルタ,スロットアンテナ,方向性結合器等の各種導波管デバイス
  • 3次元回路:マイクロストリップ構造のフィルタや結合器、インダクタ等の解析
  • レドーム:大規模構造体に用いられる多層構造の誘電体カバーの解析
  • 散乱問題:散乱断面積(RCS)の解析

Modeling Features















GUI機能

  • モデル作成のための充実した基本形状(螺旋形状,円錐,直線,放物面,双曲面,ベジェ曲線 等)
  • 他のツールで導出した点要素(頂点等)群の座標データによる、曲線や多角形等の作成
  • ツリー表示による,各種モジュール/機能(条件設定,材質設定,グリッド設定,結果の表示 等)への容易なアクセス
  • マウスのみによる,オブジェクトの選択や表示の拡大縮小等の操作
  • GUI環境上からのソルバーコントロール

励振

  • ポートへの電圧源あるいは電流源の設定
  • ワイヤー上や,マイクロストリップ線路等の導波路端面,導波管の開口,ストリップラインへのポート設定
  • 平面波励振
  • 磁気的点波源(微小磁気ダイポール)
  • 電気的点波源(微小電気ダイポール)
  • ある特定の放射特性を有する点波源
  • 特定の分布を有する線電流
  • 近傍界分布
  • 球面波モード

CADデータのインポート/エクスポート

  • Parasolid形式のインポートおよびエクスポート機能は,FEKOに標準搭載
  • AutoCAD DXF, IGES, STEP, ProEngineer, Unigraphics, CATIA V4, CATIA V5,ACIS Exchange (SAT)の各形式はオプション対応(別途ライセンスが必要となります。)

メッシュ情報のインポート

  • FEKOにより作成されたメッシュ情報のimport機能は標準搭載
  • FEMAP neutral, NASTRAN, AUTOCAD DXF, STL, PATRAN, Ansys CDB, Concept, ABAQUS, ASCIIの各形式でのメッシュデータのインポート機能は,オプションで追加可能です。

メッシング

  • 複雑な構造を精度よく効率的にモデル化できるよう,個々のモデル(オブジェクト)のメッシュの細かさ(メッシュサイズ)を変えることができます。
  • オブジェクトの面,エッジ部を指定し,その周辺のメッシュサイズを細かくすることができます。
  • メッシュの不具合を修正するツールを備えています。

ポスト処理

  • 2Dおよび3D表示機能
  • 直交グラフ(カーテシアン),極座標,スミスチャートの各形式での表示
  • 放射パターンの表示
    (2D表示の場合は,XYグラフ形式/極座標形式での表示が可能です.3D表示では,モデルとともに放射パターンを表示することができます。)
  • 放射電力,遠方界データ,RCS(レーダー断面積)等の導出
  • SAR(IEEE標準に基づく全身平均SAR,10g局所SAR,1g局所SARを導出可能です。)
  • Sパラメータの導出
  • 等値面(3D空間において,ある一定のスカラー値を有する面。2Dにおける等高線に相当)の表示や任意カット面における2D表示等の機能を備えています。
  • 画面上に複数の結果を表示可能であり、結果の比較を容易に行うことができます 。
  • 64ビット版では大規模モデルの表示が可能
    (32ビット版ではOSによるメモリ制約のため、大規模モデルの電磁界分布等の結果を表示できない場合があります。)
  • 結果の表示を画像データとしてエクスポート

自動ソフトウェアアップデート

  • メンテナンスサポート契約(保守契約)継続中のお客様対象となります。
  • ご利用マシンからFEKO webサイトへの直接の接続による更新のほか、一旦、ローカルサーバー(社内サーバー)にアップデート情報を蓄積し、そのサーバー経由での更新とすることも可能

Modeling Features








数値解析手法

EKOはモーメント法がベースとなっていますが、電気的に大規模な問題に対しては高速多重極展開法(MLFMM)が適用可能です。FEKOは商用解析ソフトとして、世界で初めてMLFMMを導入しました(2004年6月リリースのFEKO Suite 4.2)。このほか、FEKOではモーメント法とともに以下の解析手法を利用することができます。
  • 有限要素法(FEM)
  • 物理光学近似(PO)
  • 幾何光学近似(GO)
  • 一様回折理論(UTD)

解析所要時間の短縮や最適な結果を導出すために、ある一つの解析モデルの異なる領域に対して、上記解析手法の中から適したものを選択し、利用することができます。

計算上の機能

FEKOには,次のような先進的な機能が備えられています。これらにより、複雑なモデルを効率的に解析することができます。

  • 広域な周波数応答を効率的に導出するための、高度な周波数補間(内挿)機能(Advanced adaptive frequency interpolation)
  • 大規模問題に対して有効な、アウトオブコア解析(並列計算も可能)
  • 実際の大地や誘電体基板をモデリングするための,多層平面グリーン関数の導入
  • 誘電体オブジェクトのための様々なモデル化(ボリュームメッシング/表面メッシング,大地の近似,薄膜,誘電体で被覆されたワイヤー等)

最適化機能

最適解の導出のために、次のような機能や手法が導入されています。

  • グリッド探索法
  • 線形探索法
  • 遺伝的アルゴリズム
  • 粒子群最適化法
  • GUI環境での目的関数の設定
  • 複数の目的関数の重みづけ合成
  • 最適化実行中の最適化処理の状況や目的関数の状態の表示

Modeling Features

Solver Platforms and OS

FEKOをご利用のために必要な環境は以下のとおりです。

Platform
OS
Intel / AMD (32-bit ix86)
Windows (2000, XP, Vista, Windows 7, Server 2003, 2008)
Linux
Intel / AMD (64-bit x86_64) Windows (XP 64-bit, Windows 7 64-bit, Server 2003, 2008 64-bit)
Linux (64-bit version)
IBM PowerPC
AIX
Intel (64-bit Itanium)
HP-UX
Windows
Linux
HP PA-2.0
64-bit HP-UX 11.00
SUN Ultrasparc II (32-bit)
Solaris, SunOS
SUN Ultrasparc III
Solaris, SunOS

 

GUIの利用環境

  • WindowsおよびLinux (それぞれ、32-bitおよび64-bit)

 

並列処理計算

  • 32ビットシステム下においては、1プロセスあたりが確保できるメモリ空間は2GBが上限となります。
  • 64ビットシステム下においては、1プロセスあたり2GB超のメモリ空間を確保できます。したがって、32ビットシステムでは扱うことのできない大規模なモデルを扱えるという利点があります。
  • マルチCPUサーバーや各種インターコネクト技術(Ethernet, Myrinet, Infiniband)を用いたクラスター環境下での並列処理への拡張が可能です。

 

ネットワーク機能

  • ソルバーをリモート起動することができます。

ライセンス供与

  • 利用プラットフォームに応じて、Silver,Gold,Platinumの3種類のライセンスが用意されています。
  • ライセンスはCPU単位で管理されます。したがって、マルチコアCPUの場合、1つのCPUに含まれるコア数以内であれば、追加費用が発生することなく、並列処理を行うことができます。

    例:

    ・4コアタイプの1CPUの構成の場合、追加費用なしで、4コア全てを用いての並列処理を行うことができます。
    ・2コアタイプのCPUが2つ搭載された構成の場合、1CPU内の2コアでの並列処理は追加費用なしで実施可能ですが、4コア全てによる並列処理を行うためには、1ライセンスを追加購入頂く必要があります(計2ライセンスが必要となります)

  • 評価用の無償ライセンスをご用意しております。
  • FEKO LITEという無償ライセンス版もご用意しております。ただし、ご利用に際しては登録が必要です。また、使用可能なモデルサイズ(メモリ量)に制限があります。
  • フローティングライセンスは、シングルサーバーあるいは代理サーバーを経由する構成での利用が可能です。
  • ドングルライセンスの利用も可能です。このライセンス形態は、ドングル(ハードウェアキー)を接続してあるマシン上でのみFEKOを利用できるものです。FEKOおよびライセンスを複数のマシンにインストールしておき、必要に応じて使用したいマシンにドングルを挿入することでネットワークに接続されていなくとも、そのマシン上でFEKOの利用が可能となります。ただし、複数の利用者が同時に利用することはできません。ドングルライセンスは、IA32, AMD64, EM64T およびIA64 platforms上でのWindowsおよびLinux環境のみへの対応となります。

FEKO Gallery


一般的な航空機に搭載された状態での,航空管制用アンテナ(120MHz)の放射パターン.MLFMMの利用により,効率的な解析が可能です

車内でのパーソナル無線機器の電磁放射規制レベルの解析.人体ファントムはFEM,アンテナおよび車体はMoMでモデル化しています

車両におけるケーブル結合の解析のための,配線経路の指定

艦艇に搭載されたVHF帯ホイップアンテナの放射パターン,及び艦艇表面に誘導される電流分布.海面については,無限導体としてモデル化しています

艦艇上へのVHF帯アンテナの設置の検討

分配給電されたマイクロストリップパッチアレーの放射パターン及び表面電流分布

車両に搭載されたTETRAアンテナ(382MHz)のICNIRP規制準拠領域の確認

ホーン給電型反射鏡アンテナの特性解析

車車両に搭載したガラスアンテナの解析モデル

ウインドスクリーンアンテナ機能によるガラスアンテナの解析結果(放射パターンおよび電界分布)
▲ トップへ移動する