NSI社製品について

NSI社は、アンテナ測定業界のニーズに応えるため、コマーシャルベースで利用できる手頃な価格のニアフィールドアンテナ測定システムの提供を目的として1988年に設立されました。今日において、NSI社は設計、製造、および高精度アンテナ測定・試験システムを提供する世界のリーダーです。
またNSI社は、低価格で最高品質の製品を提供し、最高レベルの顧客サポートの継続に努めています。このポリシーの基、NSI社は世界中どこでも比類のないサポートを提供しています。
調査等の迅速な対応、期限内での納入、および確固たるお客様への約束は、私たちのビジネスが50%にもおよぶリピーター顧客から成り立っていることからも裏づけされています。
それはまたNSI社の幅広い顧客の紹介にも繋がっています。NSI社は、ロサンゼルス大都市圏に位置し、何よりもアンテナやマイクロ波業界の専門家へのアクセスを容易にしています。NSI社のエンジニアは、長年にわたりファーフィールドとニアフィールドシステムに関する400以上もの設計、開発、設置、操作等の経験と実績を持っています。NSI社は、すでに世界中に450以上のアンテナ測定システムを納入しており、すべての競合他社の合算よりも多くのニアフィールド測定システムの実績を挙げています。NSI社は、世界中の通信やレーダ・システムの業界トップ企業へ、アンテナ試験システムを納入することで得られた知識や経験によって、お客様の特殊な要件にも対応し、規格以上のトータルシステムソリューションを提供できるユニークな会社で、最新のアンテナ測定システムをターンキーシステムにて提供いたします。

ニアフィールドアンテナ測定システム

ニアフィールドアンテナ測定は、アンテナの開口面から3λ~5λ離れた近傍界領域の振幅と位相を平面、円筒または球状に約0.5λ間隔で測定し、フーリエ変換することによってファーフィールドやバックプロジェクトされた任意の距離のデータを計算で求める測定法です。従来のファーフィールド測定では不可能だった大型アンテナの暗室内測定や、フェーズドアレイアンテナの開口面分布データ解析が可能になり、アレイアンテナの素子の解析ができるのも特徴の一つです。
また一般的に屋外でのファーフィールド測定では、外来ノイズや天候、測定距離間の確保などが問題となりますが、ニアフィールド測定では、暗室内測定となり,ほとんど測定環境による影響を受けない測定法です。
NSI社は、すでに全世界に450以上のニアフィールドアンテナ測定システムの納入実績を持つ世界トップメーカで、卓上サイズから精密な大型システムに至るまで、アプリケーションによってさまざまなシステムを提供しています。
NSI社のシステムは、お客様によって航空宇宙、防衛、コマーシャル、ワイヤレス、自動車およびその他の多くのアプリケーションに使用されています。NSI社のシステムは、さまざまな特定のアプリケーションにカスタマイズしやすいだけでなく、標準構成でもそのまま利用可能です。
すでに納入された標準的なシステムおよび特注システムの多くは、NSIのホームページを確認ください。
中型および大型の各平面スキャナには、システムのスキャナ精度を向上させる当社の光学サブシステムも提供しています。
ニアフィールドアンテナ測定システムには、大きく分けてPlanar(プレーナ)、Cylindrical(シリンドリカル)、
Spherical(スフェリカル)の3つの測定法があります。それぞれの測定法にはアンテナによって向き不向きがあります。
アンテナの種類や特性、形状、周波数によって最適な測定法を選択する必要があります。各測定法の組み合わせも可能です。

測 定 法 適応周波数 特    徴
Planar /
プレーナ型ニアフィールドシステム
500MHz - 1THz トランケーション角度が、+/-70度程度であるため、15dBi以上の利得を持つアンテナに適しています。アライメントが楽なタイプで、ミリ波やサブミリ波アンテナ、大型のアンテナ、パラボラアンテナ、アレーアンテナやアンテナを動かすことができないメッシュ型アンテナの測定が可能です。
小型のシステムであれば、暗室のない部屋の片隅でも測定が可能です。
Cylindrical /
シリンドリカル型
ニアフィールドシステム
500MHz – 75GHz ELのトランケーション角度は、プレーナシステムと同じ+/-70度程度までですが、Az軸方向のみ、360度の広角パターン測定が可能です。
そのため携帯電話の基地局アンテナ、スタック・ダイポールアレー・アンテナ、アジマス方向に広くエレベーション方向に狭いビームパターンを持つアンテナ等、ファンビームアンテナの試験に適しています。
スキャナと回転軸のアライメント調整を取る必要があります。
Spherical /
スフェリカル型
ニアフィールドシステム
100MHz – 75GHz 360度全方向の測定ができるシステムで、低利得のアンテナや低周波の測定に適しています。いくつか測定法に種類はありますが、一般的なものは、Phi軸ステージとThetaステージを組み合わせた球面状に360度スキャン測定するシステムです。パッチ、コニカル、GPSアンテナなどの低ゲイン無指向性アンテナなどの測定に適してします。
測定時間は多少かかりますが、アンテナ単体でだけでなく筐体を含んだ形での測定が出来ます。
また、このタイプのスキャナは、暗室内での測定が必要になります。
アライメントは重要になりますので、時には測定以上の時間を要します。

プレーナ型・ニアフィールドシステム

シリンドリカル型・ニアフィールドシステム

スフェリカル型・ニアフィールドシステム

NSI測定・解析ソフトウェア

RF製品&システム

▲ トップへ移動する