超広帯域シンセサイズド信号発生器

HMC-T22XXシリーズはエンジニアのニーズを満足することを目的とし開発された低価格、広帯域のシンセサイズド信号発生器です。
HMC-T22XXはMMICリーディング・サプライヤーとして、長い歴史の中で確立した品質を持つ部品で構成され、低価格、コンパクトサイズで、高出力、低いハーモニクスレベル、広帯域を実現いたしました。
コンパクトで軽量な信号発生器HMC-T22XXはUSB,GPIB、およびイーサネットインターフェースを標準装備し、様々な試験環境への統合が容易に可能で生産性の向上を可能とします。

HMC-T2270 10MHz-70GHz

高出力 : +29dBm@1 GHz / +3.0dBm @ 70 GHz
広帯域 : 10MHz - 70GHz 
位相ノイズ : -118 dBc/Hz @ 10kHz Offset @ 1GHz
       : -79 dBc/Hz @ 100 kHz Offset @ 67 GHz
スプリアス : -65 dBc
出力分解能 : 0.1 dB
周波数分解能 : 1 Hz

シンセサイズド信号発生器 HMC-T22XXシリーズ



広帯域:10MHz - 20GHz(HMC-T2220), 40GHz(HMC-T2240),
     70GHz(HMC-T2270).

高出力:+28dBm@1GHz
信号純度:-98dBc/Hz @10kHzオフセット@10GHz
リモート制御:USB, GPIB, イーサネットにて可能(制御ソフトウエア付き)

米国Hittite Microwave社, HMC-T22XXシリーズは、より低価格で小型のマイクロ波・ミリ波信号源を、というご要求に
対応したシンセサイズド信号発生器です。
特に+28dBm(1GHz)という出力レベルは汎用高周波信号発生器としては高いもので、今まで増幅器が必要だった測定系もこれ1台だけで高出力RF信号を得られます。
また小型・低価格ですので、信号源が複数必要となる測定系にも最適です。


代表的な使用例(通信系部品への多重信号入力時歪み評価)

その他ISMバンドや高速デジタル信号のCW信号照射、測定室のセカンドソース、 高周波製品製造設備、研究開発用途としてご活用いただけます。 *データシートはこちらから*評価用デモ機あります。お問い合わせください。

▲ トップへ移動する